ビジネスマンがチェックすべき身だしなみのポイント

社会人として大切なのが、身だしなみをきちんと整えることです。人の第一印象の九割は見た目で決まるといわれるので、少しもおろそかにできません。特に気をつけるべきチェックポイントをおさらいしましょう。

顔はもっとも目立ちやすい部分

誰かと会うとき、初めに観察するのが顔ではないでしょうか。「前の晩に飲みすぎて目が赤い」「メガネが汚れでくもっている」などは、見る人にいい印象を与えません。

自分では気づきにくく、他人も注意しづらいのは、鼻毛が出ていることです。得意先への大切なプレゼンに臨んだとしても、少し間抜けな感じがしてしまいます。専用のカッターで小まめに手入れしておきましょう。

男性の場合、ひげをきれいにそることも欠かせません。朝方の薄暗い時間帯では、あごから喉にかけての部分やもみあげの下などがよく見えないこともあります。洗面所を明るくして、ていねいにそり上げましょう。

服装にも隠れたポイントがいっぱい

スーツの上着にしみがあると、どことなくだらしなく見えます。前のボタンが取れかけていたら、「面倒くさがりな性格なのか」と思われてしまうでしょう。もちろん、肩口にフケが落ちていたら、印象は最悪です。

ズボンについても、膝の後ろ側がしわくちゃだったり、全体的にてかりが生じていたりするケースがあります。両方のポケットに財布やティッシュなどを詰めこんでいると、シルエットが崩れてしまいがちです。

ネクタイの結び目がゆるんでいる場合、直すように指導する会社もあります。靴下は黒や紺の地味な色合いのものがベストであり、派手な色やデザインは避けるべきです。

意外と忘れがちなのが手と髪の清潔さ

「仕事で相手に書類を渡す」「会議のときにホワイトボードの文字を指し示す」というシーンでは、手に注目が集まります。爪が長すぎると、手入れを怠っていることがすぐに分かってしまうでしょう。

爪に汚れがたまって黒くなっていれば、同僚や取引先の人にも不快感を与えかねません。趣味で家庭菜園やガーデニングの作業をしたあとなどは、ブラシできちんと洗っておくことが必要です。

ヘアスタイルも、さっぱりと整えましょう。長い前髪が目にかかっていると、顔全体が暗く見えてしまいます。寝ぐせや奇抜なカラーリングなども、ビジネスシーンには適しません。

仕事で使う小物にも注意する

営業マンの場合、カバンを持ち歩く機会が多くなります。書類を入れすぎて本体が分厚くなっていると、見苦しい上に使い勝手も悪くなりがちです。できるだけ中身を整理整頓しすることも、マナーのひとつでしょう。

あいさつの際には名刺入れを出す機会もありますが、汚れや破れなどがないかを確かめましょう。使い古したものは早めに買い替えれば、仕事ができてきれい好きというイメージを与えることができます。

最近はスマートフォンで時間を確かめる人も増えつつあるようです。仕事の場で腕時計をつけるなら、シルバーを基調としたシンプルなものにしましょう。たいていの色になじみますし、見た感じもさわやかです。

職場での身だしなみは、自分自身の仕事への姿勢をも表します。人の外見の良し悪しが、商談の成約にかかわる可能性もあるでしょう。清潔さを第一とし、他人に認めてもらえる会社員を目指しましょう。

心打たれるような聞き手と話し手を繋ぐプレゼンをしよう

プレゼンにもいろんな形がある

プレゼンと言えば、大きなパワーポイントを用いて、大勢の前で演説をするようなイメージがあるかもしれません。
しかし、必ずしもそれだけがプレゼンというわけではないのです。

自分の意見を述べるのも1つのプレゼン

例えば、会議で自分の意見を述べる、企画で自分のアイデアを発言することも、立派なプレゼンの1つだと言えるのです。

聞き手の心を掴めるように、自分なりに工夫や創造をしながらプレゼンをして、納得してもらえるように努めるわけです。

もちろん、それが毎回毎回上手くいくとは限りませんし、失敗することも多いですが、自分で考えて発言することが大事なので、消極的んなってはいけないのです。

立場はすぐに変わるもの

自分がプレゼンをしている時は、他の人は聴衆になるわけです。
しかし、別の人がプレゼンを始めれば、今度は自分が聴衆になるわけです。

このように、立場はすぐに変わるものですし、常に聞き手としての自分と話し手としての自分を意識することが大事なのです。

アイデアと共感のコラボレーション

プレゼンテーションでは、自分の考えやアイデアを訴えかけ、それによって相手から共感を得ることを主としています。
そのためには、いかに相手を納得させることができるのか、そこがプレゼンテーションの基礎にもなるわけです。

ただ説明するだけでは意味がない

プレゼンテーションは、決して説明の場とは違うのです。
要するに、資料に沿って淡々と説明するだけなら、誰でもできるわけですし、そもそもプレゼンをする意味もないのです。
そうではなく、プレゼンテーションだからこそできること、それを意識しながら話していかないといけないのです。

いかに相手を熱中させられるか

つまらないプレゼンや、ありきたりなプレゼンでは、相手は決して共感してくれません。
いかに相手を熱中させることができるか、それによって共感を得ることができるのです。
そのためには、様々なアプローチで切り込んだり、多種多様な方法でプレゼンすることが重要になってくるのです。

新たなる変化が必要

そもそも、プレゼンテーションをする大きな目的は、新たなる変化が必要だからです。
今まのことを今まで通りにやるなら、プレゼンをする必要など全くないわけです。
新しいことにチャレンジするため、そのためにプレゼンをする意味が生まれるのです。

個人としても企業としても成長の場になる

プレゼンテーションというのは、個人としてはもちろんですが、企業としても成長の場になるのです。
1回のプレゼンによって、大きな変革が達成できることもあるので、それだけプレゼンの重要性は高いと言えるわけです。

もう1つ上のプレゼンテーションを目指すなら

基本的なプレゼンテーション能力を身につけたら、今度はもう1つ上のプレゼンテーションを目指すようにしましょう。
それによって、今までもよりもさらに多くの聴衆から支持を受けることができるのです。

退屈せず飽きないプレゼンを目指す

どうしてもプレゼンというのは、退屈で飽きを感じてしまいます。
無難なプレゼンは、確かに大きな失敗はしなかもしれませんが、聴衆を飽きさせることになってしまうので、あまり印象にも残らないのです。
だからこそ、退屈せずに飽きないプレゼンを目指すことで、大きな印象を与えることができるのです。

しっかりとメリハリをつける

例えば、同じことや似たようなことをダラダラと何度も述べたり、常に一定のリズムでプレゼンを続けても、何も相手は感じないのです。
そうではなく、勢いよく話すべき部分、ゆっくりと落ち着いて話すべき部分と、しっかりとメリハリをつけてプレゼンすることが重要なのです。

目立つプレゼンを目指す

既存のアイデアを軸としたり、マニュアルに沿った内容のプレゼンでは、全く目立たないのです。
最初のうちは、そういったプレゼンでもいいかもしれませんが、もう1つ上を目指すのであれば、目立つプレゼンを心がける必要があります。

つまり、自分自身で考え創造した、既存のアイデアとはまた違う、斬新的なアイデアでプレゼンの臨むわけです。

もちろん、そういったプレゼンは周囲と衝突してしまう可能性も高いですが、それも大事な要素の1つだといえるので、他とは違うというアピールをすることが重要なのです。