プレゼンで重要となる構成について

プレゼンを成功させる上で欠かせないのが、構成をしっかりと作ることです。
当たり前ですが、ツギハギだらけのプレゼンではまず成功しないので、組立てをしっかりと行わないといけないのです。

まずはアイデアをまとめる

まず基本的なこととして、アイデアをしっかりとまとめるようにしましょう。
アイデアの中でも、重要なものとそうでないものがあるでしょうから、重要なアイデアを特にピックアップするようにしましょう。

順序を考える

プレゼンだけに限ったことではありませんが、物事を説明する際には、順序を考える必要があります。
どういった順番で話していくのか、起承転結をどうするかなど、そういったことを考えながらプレゼンをすることが重要なのです。

聞き手の立場になってみる

大まかにプレゼンの構成を組み立てたら、聞き手の立場になってみて確認しましょう。
もし自分が聞く側だったら、このプレゼンに興味を示すかどうか、そういったことを考える必要があるのです。

古いアイデアも大事に組み込んでいく

全てのアイデアをプレゼンに組み込むのは困難だと思います。
時間も限られているわけですし、アイデアが多すぎると逆に何を伝えたいのか分からなくなってしまうこともあります。
したがって、ある程度アイデアをふるいにかけることも大事になってくるため、その点を意識しながら構成を考えるようにしましょう。

完璧にやろうとしない

完璧なプレゼンをやろうとしたら、それこそいくら時間があっても足りません。
それに、そんなプレゼンをしてもあまり魅力は感じにでしょうから、完璧にやろうとしないことも大事なのです。
力を入れるべき部分はしっかりと力を入れて、そうでない部分は多少抜き気味にやった方が、かえって上手くいくケースも多いのです。