相手に理解してもらわないとプレゼンの意味がない

当たり前のことですが、プレゼンでは相手に理解をしてもらわないと意味がありません。
したがって、どうすれば相手に理解をしてもらえるか、そこを考えながら組み立てていくことが必須なのです。

要点を抑えずにひたすら話すだけはNG

プレゼンで最もやってはいけないのが、特に要点を抑えずに、ただひたすら話すだけで終わってしまうことです。
それでは、プレゼンなんてする必要はありませんし、資料をただ読めば済むことです。
そうではなく、重要な部分を特に誇張したり、要点となる部分を高揚して説明するなど、様々な工夫が必要になるのです。

自分が伝えたいことをハッキリとさせる

自分が、このプレゼンで何を伝えたいのか、曖昧にせずにハッキリとさせるようにしましょう。
どうしても日本人は、物事をぼかしてしまう傾向にあるのですが、プレゼンでは率直にハッキリと伝えることが大事なのです。

見づらい読みづらいはNG

基本的にプレゼンはパワーポイントを用いて行うわけです。
したがって、見づらくて読みづらい構成は絶対NGと言えるわけです。
自分で実際に読んでみて、見づらい部分がないかどうか、しっかりとチェックするようにしましょう。

結論を曖昧にしない

プレゼンの最後では、結論を述べることになるわけですが、そこを曖昧にしないことも重要です。
いくらそれまでの過程が良くても、結論を曖昧にしてしまうと全てが無駄になってしまうのです。
プレゼンを構成する時には、先に結論を導き出し、そこから逆算して組み立てるのも1つの方法だと言えます。

シンプルで単純なプレゼンが受けやすい

結局のところ、プレゼンというのはシンプルで単純な方が受けやすいのです。
無理に複雑化しても逆効果なので、なるべく分かりやすいプレゼンを心がけるようにしましょう。