聞く側のことを知ることも大事

プレゼンでは、多かれ少なかられ聴衆がいるわけです。
その聴衆に納得してもらう、共感してくれるプレゼンをすることが、こちら側の必須条件とも言えるわけです。

プレゼンは決して自己満足ではない

プレゼンは、決して自分のためにやるわけではありません。
会社全体のためにやるわけですから、自己満足のプレゼンをしても何の利益もないのです。
そのため、いくら自分では渾身のプレゼンができたと思っても、聴衆がそう思っていなければ全くの無駄に終わってしまうのです。

聞き手はどういったことを望んでいるのか

プレゼンの聞き手は、一体どういったことを望んでいるのでしょうか。
決して上手いプレゼンや、完璧なプレゼンを望んでいるわけではありません。
それよりも、魅力を感じるプレゼン、興味深いと思えるようなプレゼン、そういったことを望んでいるはずです。

1対複数ではなく1対1を意識する

プレゼンは、一見すると1対複数でのやり取りに思えます。
しかし実際は、1対1を意識することが重要になってくるのです。
自分が聞き手になった時に、自分に対して投げかけてくれるようなプレゼンの方が、より興味を持つと思います。

他の人のプレゼンを勉強の場にする

恐らくほとんどの人が、自分で自らプレゼンをする前に、他の人のプレゼンを見る機会があると思います。
なので、他の人のプレゼンを勉強の場にさせてもらい、まずは聞く側の視点から観察してみるようにしましょう。

決して他人を真似たプレゼンをしない

ただ、他の人のプレゼンを参考にすることは重要ですが、決して他人を真似たプレゼンはしないようにしましょう。
その人の個性が完全に消えてしまうので、それでは何の魅力もないプレゼンになってしまうのです。